クリエイターデザイナー

郵便屋さんになって手紙のカードを届けるカードゲーム「レターズ」で、2018年グッド・トイ賞を受賞。続く第二弾「オレが船長だ!」も好評の「mokumuku works」は、目澤知佳さん・志村 恵さんからなるデザインユニットです。子育てをしながら、自分たちのペースでデザインの仕事をするために独立。デザイナーとしてクライアントの仕事を請けるにとどまらず、自分たちの商品を作って販売することで、いい相乗効果が生まれていると話します。

続きを読む
クリエイター美術家

「音を絵で記録するプロジェクト」、「Open Atlier」、「窓絵」などの自主企画で、精力的に作品作りをしている深浦よしえさん。2018年に美術家としての活動をスタートしてから、「桃源郷芸術祭2019」、国際芸術祭「中之条ビエンナーレ2019」、国際野外アート展「トロールの森2019」など順調に活躍の場を広げてきました。「美術館に行かなくともアートに触れられる場になれば」と、ときには東京都小金井市「シャトー2F」のアトリエを開放しています。

続きを読む
琴線ピアニスト

「ピアノが弾きたい」「ピアノが好きで、好きでたまらない」という気持ちを幼少期から今までずっと持ち続けている川村奈美子さんにとって、ピアニストはまさに天職。ただなぞって演奏するのではない、「心にしみる音楽」を奏でるその表現方法は、“琴線”ピアニストと称されています。国際舞台で活躍するかたわら、地元·小金井市の小学校などでは、ピアノを通じて子どもたちとの交流も深め、心にしみる音楽を生で伝えています。

続きを読む
クリエイターボタニカルキャンドル作家

古瀬洋子さん

仕事のストレスから自身を癒すために作り始めたボタニカルキャンドルが、いつしか仕事になったキャンドル作家·古瀬陽子さん。
庭の植物を自分の手で乾燥させたり、顔の見える範囲から取り寄せたりと、素材にこだわり、植物の意思にゆだねる感覚でキャンドルを制作しています。オリジナリティ高い作品でありながら、作るときの気持ちは常にニュートラル。使う人のことを考えて、自分をゼロにして取り組む姿に、プロ意識を感じます。

続きを読む
クリエイター版画家

謄写版(とうしゃばん)、いわゆる「ガリ版」といえば、世代によっては学校のプリントを懐かしく思い出すのではないでしょうか。今では知る人ぞ知る技術となってしまった謄写版の手法を用いて、表現活動をしている版画家の神﨑智子さん。国内外で作品を発表するとともに、謄写版の美術的価値を残す活動も積極的に行っています。東京都小平市に構えた〈Atelier10-48〉を拠点に、世界に謄写版の魅力を発信しています。

続きを読む
クリエイター線画家

もんでんゆうこさんといえば、代表作は『広報たまちいき』1面のイラストマップ。描かれた人の個性と描く人の個性が融合した、温かみのある独特の雰囲気が持ち味です。影響を受けた恩師・永沢まことさんの教えで、必ず次の作品につながるように自分の名前を売る心意気でフリー画家の仕事をしてきました。縁が縁を呼び、仕事の幅を広げてきたもんでんさん。実は看護師という顔も併せ持ち、保育園の絵画講師として地域貢献にも目を向けています。

続きを読む
クリエイターボーカリスト

船場奈津さん

シングルマザーとしてノルマのある営業仕事に追われていた若き日の船場奈津さん。価値観が大きく変化したきっかけは、実母の認知症発症でした。「好きなことをして自分の人生を生きる」ため、歌うことを再開。人生を共に歩むパートナーと音楽活動を始める傍ら、ヘナインストラクター、ヨーガ療法士などの資格を取得。心地よい心とからだのつながりをテーマに、音楽、ハーブ、ヨーガを三本柱に、その知識や歌声を必要とする人に届けています。

続きを読む